まず一番最初にご紹介したいのが、勤務医として、大学病院に勤めた場合についてです。

この仕事はもっともオーソドックスな働き方と言えるのではないでしょうか。

大抵の医師は免許を獲得後、研修からの流れで勤めることになります。

研修先として選ばれるのが大学病院

医学部卒業後は、医師国家試験を受験し、免許を無事取得という流れになりますが、その後の研修先として選ばれるのが大学病院です。

自分が卒業した大学にて、希望の科目に所属するというのが一般的なケースではないでしょうか。

この各科目自体が医局と呼ばれるものです。

また、実際には医療だけでなく、研究や教育、人事など様々なものをこの医局内にて回しているものです。

この組織的な制度のことを医局制度と呼んでいます。

就職先の確保や大規模研究に携わることができること、また、医学博士としての学位を取得することができるなど、ここにしかないメリットというものも沢山あるでしょう。


平均年収となる目安など

最後にここでの平均年収となる目安などをご紹介したいと思います。

教授では約1500万円弱、准教授では約1000万円前後、講師になると約800万円程度で、まだ若手医師だとそれほどのお給料でもなく約300万円~約600万円前後になるでしょう。

収入ベースは民間病院と比較した場合、低くなる傾向にあります。