少し特殊な仕事の一つとして公衆衛生医師という職種があるのはご存じでしょうか。

公衆衛生医師とは、保険所という行政組織の一つの中で、地域住民の健康マネジメントに関する指導などを行っていく役割を担っている、とてもやりがいのある仕事の一つと言えます。

保健所等の施設で業務に従事する

保健所等の施設で業務に従事することとなりますが、主に3つのパターンに分類することができます。

一つは本庁となる県庁等や市役所いて勤務をするパターン。

二つめは都道府県型の保健所にて勤務を行うパターン。

最後に、政令市型の保健所で勤務を行うパターンです この業務に携わるにあたり、素養としては公衆衛生に関する知識や技術など、様々な知見の深さ、広さなどを求められるでしょう。

また、コミュニケーション力も同時に必要となる業務となります。


公衆衛生医師の仕事の平均年収の目安

この仕事の平均年収の目安としては、評価によって変わりますが概ね以下程度を目安とすることができます。

技師級、約750万円から890万円程度。主査級、約930万円から1000万円程度、課長補佐級、約1030万円から約1060万円程度、課長級で約1260万円から約1330万円程度。

次長級になれば約1400万円程度です。

やりがいのある仕事と共に、しっかりと評価をされれば年収も十分に上がります。

キャリアアップのための選択肢としてはオススメの一つです。