さて、では最後に医師が目指す一つの形として「開業医」として働くことについて、少しご紹介したいと思います。

ある意味では究極のキャリアアップ

ある意味では究極のキャリアアップとも言える働き方ですが、その収入は正にご本人の適性や努力によって大きく変わってくるものです。

ちなみに、厚生労働省が発表した2012年度版の医師の平均年収について、開業医の年収は病院勤務医と比較した場合には1.75倍多い2787万円となっています。

一般的に言われている平均年収の目安としては約2500万円から約3500万円ほどですので、概ねその範囲内が一般的な収入の平均なのでしょう。


しっかりとした計算、才能が必要

ただ、美容整形などのように自由診療の多い専門医であれば、もっと高収入を目指すことも可能です。

よく思い返してみてください、CMなどに出てくるのは大抵自由診療を専門とするクリニックがなどが多いですよね。それはこういう仕組みがあるからなのです。

ただ、いずれにしてもそれだけの収入を得る為には経営者としてのスキルも求められることになりますし、巨額の初期投資も必要でしょう。

アンチエイジング、レーシックなど大きな収入に結び付きやすい分野も多いものですが、しっかりとした計算、才能が必要なのは間違いないのではないでしょうか。