海外で働くと選択の一つとして海外派遣医という働き方があります。

日本における一つの代表的なものが世界の各地で医療活動を行う医療団体「国境なき医師団」です。

手当や平均年収について

都市部であればこの団体への支援や寄付などを求める募金活動なども一度はご覧になられたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は代表的なものとして、この団体に所属した場合にはどのような待遇になるのか、どのような業務になるのかについて少しお伝えしたいと思います。

まず、平均年収としては、初めて参加する場合の給与が166,704円/月(昇給有。職歴による加算あり)となっておりますので、およそ200万円前後からのスタートになると思います。

活動にあたり必要な諸経費や交通費、あるいは生活手当、住居費用といったものは別途負担していただくことができますので、実質的にはもっと頂いているような形になるのではないでしょうか。


語学力やマネジメントスキルも必要

こういった団体で働くためには、英語やフランス誤などを使う多国籍のメンバーとスムーズにコミュニケーションをとることのできる力、語学力などが必要となってきますし、はっきりと自分の考えを述べる力も必要となります。

その他、現地スタッフの指導や監督業務なども必要となりますので、いわゆるマネジメントスキルも求められます。

かなり厳しい状況での医療行為となることも多いのですが、やりがいを強く感じることのできる魅力的な働き方の一つと言えるでしょう。